M2現場-その2

工事もいよいよ賑やかになってきました。
様々な問題を何事も無かったかのごとく装いながら、少しずつ進んでいます。
一つの工程で劇的に空間が変化するときもあれば、一目では分からないけれど重要な作業をこなしながら、形になっていきます。
料理でも一手間かければ、見違えるように、建築の施工においてもそれは一緒。
ヒト手間の積み重ねによって、行き着くところは全く違うモノになってしまうのは、どんな世界にも言えると思います。
こちらとしては、全てにおいて手間をかけて貰いたいけれど、そもそも職人としては手間がかからない方が良いに決まっている。だからこそ、手間の価値があることが表れるように考えないといけない。
どこに重点があるかを判断するのも、やはり現場監督をはじめとする施工する人達とのやり取りの中で決断していかなければならない。
やるべき事なのか、そうじゃないのか、自問自答する日々です。