Category Archives: 建築デザイン思考

WEB討論

最近、ネットの情報を誰もが閲覧できる環境になって、情報の価値が変わってきたなと思う反面 有用な情報が、本を読み漁らなくとも取得できるチャンスも増えていることを実感します。 そんな中で見つけて、暇があれば覗いているサイトが WEB版『建築討論』。 ゴリゴリにアカデミックに建築を語っております。 設計やってる人でも、こんな討論に興味のない人はいるけれど どんな世界でも、言葉で語ることは重要で、そこから始まり広がる世界もあるわけで。 それを知らずして、知ったような気になることはしたくないといつも思います。 最近、気になってしまった記事が → 建築・プロダクト・インテリアを巡る言葉──アップルストア表参道から考える」 つい最近、『アップル表参道店』立ち寄りましたけど、確かにいつもの建築に向かう気分とは 全く違って、なんとなく写真を撮ろうとかも思わなかった・・・。 商品を買うぞって気分だからかもしれないが。 ゴリゴリのアカデミック論は、実はあまり役には立たない。 論理が先にあって設計する感覚は、恐らくもう一般的なことで、素人でも理解できるもの つまり、常識化されるくらいありふれていることをナゾるのと同じ感じ。 理論化しないと理解できないのは、とってもフワフワしていてわからないけど きっと50年…

kanazawa

天気が悪かったのですが、SANNA気分を味わいたくて、豪雨の北陸道をくぐり抜け、いざ金沢へ。 その前に近くの「金沢海みらい図書館」へ。設計はシーラカンスK&H。 僕は美術館の次に好きなビルディングタイプが図書館なので、こんな図書館が近所に欲しいよねとか言いながら。 建築としては、あまりそそれられるタイプではなかったのですが、自分が作る立場だったら こうかな?などと妄想を膨らませると、やっぱりシーラカンスの設計のうまさを再認識させられたりします。 2階の閲覧室の空気感はとても良かったです。 一番驚いたのは、利用者がとても多くて、混んでいたこと。 建築は利用されることで、どんどん良くなると思うので、素直にそれは素晴らしいことと思います。 閉館まで40分しかなかったので、早々に21世紀美術館へ。 2005年に僕が初めてグッドデザイン賞を受賞した時に、金賞を受賞したのがこの建築。 だから永遠の憧れであり、目標でもあり、思い出深い建築の一つ。 もう何度も足を運んでいるけれど、街に愛され世界に愛され、素晴らしい建築として未だに輝きを放っていることが 僕にとって、どんなに励みになるか・・・。 何度行っても、新しい発見があるのは、素人だとか玄人だとか関係のない話。 そんな発見を見つけ合うのも…

信濃美術館

長野市内の建築で数少ない見るべき建築としてあるのは、谷口吉生さん設計の東山魁夷館。 その隣の信濃美術館は、日建設計の林昌二さんの作品です。 長野駅前にある林さんの奥さんの林雅子さん設計の守谷第一ビルディングは、私はとても好きな建築です。 でも、信濃美術館はあまりいいとは思っていませんでした。 その美術館も建て替えが決まり、プロポーザルコンペが行われました。 最近その結果が発表され設計者が決まりました。 プランツアソシエイツ率いる宮崎浩さんです。 本当なら自分も参加したいのは山々ですが、美術館のプロポーザルは実績が無いと参加資格すら与えられません。 いつか美術館を設計したいと、設計を志すものは皆思うと思いますが、現実は厳しいものです。 なので、遠目からひっそりと眺めることしか出来ないのですが、ひっそりと注目をしてまいりました。 コンペの経緯や審査の過程の詳細は、ほとんど知る由もないのですが、選ばれた案と人物は、とても期待が持てるものでした。 長野県民の気持ちを考えつつも、建築に対する夢をとても感じました。 そして、林さんに対する敬意の表し方に、とても感銘を受けました。 宮崎さんは、安曇野にも規模はそれほど大きくないのですが、美術館を設計しています。 とても静謐で、大人の空間が特徴的な建…

質感

現代のネット社会において、建築の物質感やリアリティ、質感が軽視されていると感じます。 昔はそれが、建築雑誌の情報でした。 建築がビジュアルを扱う芸術である以上、写真とは密接に関わっているので 写真で分かったような気になるな!ということは、先輩にいつも言われてきました。 だから、建築家のグランドツアーは非常に重要で、何を見て何を感じるかを 体にそして脳に焼き付けることが、その後の設計に影響を与えることになります。 ネットの情報は、2次元のものであり、建築の全てを表現するには、実に不十分なメディアです。 コルビュジェは、それを逆手に取り、むしろ積極的にその「不十分」なメディアを使って、イメージを流布しました。 それが過度に進化しているのが、現代の状況です。 ところで、建築には床があり壁があり天井があるというのは、逃れられない現実であり だからこそ、上記の一つでも「〜がない建築」は、センセーショナルであり、羨望の的となる訳です。 しかし、裏を返せば建築の違いが、「壁、床、天井」の仕上の表面の違いとしか認識しないということも可能です。 台紙となる元の形を作って、どこかで見た仕上げを、CGマッピングのように貼り付ければ出来上がり。 ハウスメーカーやディベロッパーの作る建物は、ほとんどがそんなイ…

2017 プリツカー賞

今年の受賞者はRCRの3人。 授賞式が28年ぶりに日本の迎賓館で開催されました。 過去の受賞者も招待されたようで、日本人建築家のビッグネームが勢揃いです。 RCRはスペインの故郷の小さな町を拠点に活動しているそうですが、30年くらいのキャリアがあります。 スターアーキテクトの時代が終わったと言われていますが、私からみればRCRは十分スターです。 しかし、スペインであればマドリッドやバルセロナではなく、人口3.5万人のオロトという町で活動する意味。 全ての作品がカタルーニャ地方周辺にあるということ。 そういうローカルな建築にスポットが当たること。 そして、最終的にその建築の評価軸が、きちんと理解できることに僕はとても感銘を受けました。 僕の尊敬する建築家リストの上位にグレン・マーカットがいます。 2002年のプリツカー賞受賞者ですが、彼がこの賞の審査にも携わっていることを、最近知りました。 そしてその彼に見出されたのが、RCRであることは何かとても理解ができます。 評価を受けることを目指すのは、どんな業界のクリエイターであっても避けることはできない。 しかし、それが目的になるようならば本末転倒であり、危険なことだ。 建築を作りたいのか、建築を作っている自分に酔いたいのか。 僕は前者であ…

使い勝手

「SI-house」のオーナー様との会話の中で、ゴミの話題になった。 住んでいれば当然ゴミが出ますが、その処理方法といいますか、最終的にどのタイミングで収集し捨てるのかは人それぞれと思います。 ただ、出来るだけ存在を隠しながら美しく振る舞いたいと思うのは、現代の常識だと思います。 そこで、奥様に「ゴミの保管はどうされてますか?」と聞いた時 「玄関を出てからグルッと裏に回って外の物置に入れるんですよ」とニッコリ。 「あーそれならば、ここらへんに勝手口ドアあった方が良かったですかね?」と私。 すかさず奥様が、「それはナイです!今のままで全然問題ないですよー」と再びニッコリ。 現状のプランで出入り口をつけようとするとリビング壁面が乱れます。 当然、そういう要望があった場合は、出来るだけ綺麗に納まるように考えるのですが つけない状態の方が美しいのは言うまでもない。 そういう意図を理解して共有しているからこそ、出る言葉だと思います。 設計をする上で、日常の家事動線を短くすることは、当然のことです。 ただし、それは絶対的な正義ではない。 使い方に問題がなければ、或いは別の優先するメリットが明確にあるならば、その設計は正しい。 これは、建築家住宅に住む人には必ず要求される能力だと思いますが 「柔軟…

デザイン

事務所名にデザインを掲げている以上、デザインを重要視しているのは言うまでもないですが、デザインとはなんでしょう。 よく言われる、デザインとアートの違いとは・・・。 日本では、デザインは形の問題と捉えられていることが非常に多く感じます。 単純に形というか見た目。 デザインがイイ=見た目がイイ。 自分の事務所を立ち上げる以前から、その傾向に異議を申し立てたいという気持ちを強く持っていました。 英語の”design”は、設計と訳されます。 つまり、”architectural design”は建築設計で、〜designはすべて何かを設計する行為だと考えていました。 だから、デザインと言う行為はとても広義で裾野が広い分野だと思っています。 建築のデザインは、形にとどまらず性能や機能、コスト、耐久性、素材感、すべてのバランスにおいて選択されるべきだと考えます。 問題になるのは、それをいつ決めているか。 モノを作る段階というのは、すでに思考を停止してアウトプットする段階なので、そこでの設計判断は大抵間違う。 模型を作ると分かるが、設計が決まっていないと、模型でやっても駄作ができる。 そして、また設計を考え直し、模型を作る。 もちろん作りながら考えるという方法もあるだろうが、実際の建築でそんなこと…

M2地盤調査

M2-houseの地盤調査です。 解体前なので、限られたスペースでの調査になります。 SWS試験データはあるのですが、やはりボーリング調査をしないことには厳密には把握できないので 当事務所では、予算の許す限り行っております。 近年ハウスメーカー等では、無料サービスでSWS試験を行っている場合が多く、時代の変化に驚かされます。 それをサービスにすることで、小さな資本の会社との差別化を図っているのでしょう。 現場に行く途中、周辺で少し迷ってしまいウロウロしていたら、偶然発見しました「2004」 設計は中山英之さん。 松本にあるのは知っていましたが、なんと目と鼻の先ほどの距離とは・・・。 2004年と言えば、この作品が受賞したSDレビュー2004で見たパースの抽象度にクラクラしながら 僕は東京で「#5115」を設計していました。なので、無条件に反応してしまいます。 そして、13年経って、こんな近くでプロジェクトを進めているというこの不思議な感じ・・・。 さすがに、昼間から人の家をパシパシ写真撮る勇気を持ち合わせていないので、ネットの写真を拝借。 既に最初のオーナーが売ってしまったらしく、住人は当時と違うそうです。 様々な理由があるのでしょうが、建物は残ってほしいと思います。 竣工当時の環境…

ケンチクカン

僕は建築が好きだ。 そして、建築を作るプロセスはとても刺激的で、自分の思考が少しずつリアライズされる過程は何より至福な時間といっていい。 設計事務所の仕事は、設計をすることだから所員が現場に行くことは、設計監理の常駐以外あまり歓迎されない。 だから自分が独立をするなら、一つ一つ作るものを自分の目で確認して時に自らが手を下してでも作りたいと考えていた。 だから、胸を張って作品と呼べるし、そうだと確信していた。 その考え自体は変わっていないのだけれど、今はもっと距離をとるというか、むしろ自分が作らないからこその、幸せな偶然を期待するようになった。 全てをコントロールすることは、確実に設計者の理想でもあるが、それが真に良いことと思えないこともある。 もちろん意匠的な意図を持つことは大事なことだが、建築工事というカオスの中では、あまりに繊細で脆弱な論理でしかない。 しかし、本当に一流な技術は、意図しなくとも自然に全てを取り込んでいく。 例えば、安藤忠雄のコンクリートの壁を見たレンゾ・ピアノが「これは墨絵だろ?」というように。 恐らくそれは、単にコールドジョイントだと思われるが、それが墨絵に見えるほど美しいコールドジョイントをどうやって意図的に作るのか。 そういう偶然を引き寄せるだけの「何か」…